阪急うめだ本店の概要

・所在地  大阪府大阪市北区角田町8番7号
・電 話  06-6361-1381
・営業時間
日~木曜日 午前10時~午後8時
金・土曜日 午前10時~午後9時
食品フロア 水~土曜日 午後9時まで
12階 午前11時→午後10時 金・土曜日、祝前日は午後11時まで
13階 午前11時→午後11時 日曜日は午後10時まで
※営業時間は変更となる場合があります。
各階カフェ 売場の営業時間に準じます。 
・公式サイト http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/

阪急うめだ本店のグルメなフロアー

阪急うめだ本店のグルメ関係の飲食店や物販店などのテナント等が入っているフロアーは次のとおりです。

13F レストラン街「祝祭ダイニング」
12F レストラン街「祝祭ダイニング」
各階 カフェ・喫茶
B1  食品(和・洋菓子、パン、惣菜、弁当、健康食品)
B2  食品(鮮魚、塩干魚、精肉、野菜、果物、漬物、日配品、和・洋酒、佃煮、保存食品、ワールドフードマーケット、パン)

13階~12階 レストラン街 

阪急うめだ本店のレストラン外は、「祝祭ダイニング」と言う分けの分からない愛称がついています。
13階には、7軒のレストラン等があります。特に有名なものは、「京都つる家」でしょうか。
12階には、18軒の飲食店等があります。有名なのは、「ハルヤマシタ大阪梅田」、「鼎泰豊」があります。

各階 カフェ・喫茶

ショッピングの一休みやお友達との会話を楽しむことができるカフェや喫茶店は、11階、9階・4店舗、8階・2店舗、7階、6階・2店舗、5階、4階、3階と13店舗もあり、デパートとしてはかなりの数を揃えています。
クラブハリエキッズ、マイセンカフェ、ブルガリイルカフェなどブランドと直結しているユニークなカフェも目立ちます。

地下1階 食品

いわゆるデパ地下ですが、和洋スイーツ、ベーカリー、惣菜、弁当などを取り揃えています。
日本のデパ地下でも有数の規模と種類を誇っています。
2012年秋のリニューアルでも新たな店舗が参入していますが、亀田製菓のハッピーターンズや江崎グリコのバトンドールなどが行列店となっています。

地下2階 食品

地下2階のデパ地下は、グロッサリー、日本の味、和洋酒、精肉、鮮魚、フルーツ、ワールドフードマーケットなどがあります。

阪急うめだ本店の見どころ

今までのデパートにはない大人の体験型のデパートで、文化を発信する劇場型デパートとも言われています。

通路に面した巨大なガラス面の「シースルーウィンド」も見逃せません。

「祝祭広場」では、巨大な吹き抜けの下にステージがあり、ライブイベントやショーを日替わりで無料で楽しめます。ショッピングに疲れた時に休憩がてらでもいいですね。

「うめだスークのスーク」はアラビア語で「市場」のことですが、北街区等の表示もあり、まさに外国のバザールにやってきた感じです。フロアーを中央・北・南街区と分けて期間限定のセレクトショップが集結します。

「コトコトステージ」には、阪急オリジナルのレトログッズがあります。懐かしい昭和のムードがたっぷりです。

「クラブハリエキッズ」は、子供用のキッチンスタジオです。プロのパティシエがマンツーマンで教えてくれる本格的なスイーツ教室です。対象が3~12歳のレッスンスタジオは、1日7回行われています。クラブハリエ仕込みの素材なので味もバッチリです。