デリカフェ・キッチン WEST (カフェ&ベーカリ)
創立が昭和63年の本社が大阪府大阪市淀川区西中島にある株式会社ジェイアール西日本フードサービスネットのカフェとベーカリーのショップです。

JR西日本の完全子会社です。

直営店舗が85、委託が95店舗も展開しています。

レストラン、セフルサービスカフェ、フルサービスカフェ、立ち食いうどん・そばなどのファストフード、駅弁販売などをしています

驚くことに、エキマルシェ大阪のMarche’s Cafe & Diningの8店舗の内、4店舗と半分がこの会社の店です。

JR子会社の運営する店全てが悪いとは言いませんが、いずれにしても専業の店ほどではない可能性があります。

それにしても、東京駅のエキナカのグルメ街が、JR東日本の子会社の店舗でかなり占められているのと同じようなことが大阪駅でも起こっていると言えます。

で、提供商品などの情報を求めて、ジェイアール西日本フードサービスネットの公式サイトを見ても何の情報もありません。

ガブリッチ (ガストロ酒場)
クリエイト・レストランツと言う会社のブランドです。

かなり大きな会社でブランドも多数保有しており、立派な公式サイトもありますが、肝心な会社概要が全く記載されていません。

企業の公式サイトが何であるか全くわかっていないようです。

自分たちの会社の正式名称、所在地、創業年などの情報を教える必要性がないとの考えでしょうが、あまり親切な会社とはいえません。

一生懸命書いているのが、雇用情報です。つまり、人が直ぐに辞めてしまうのでその人員補充が大切と考えているようです。

ガブリッチは、料理とこれらの料理に合うワインが妥当な価格で楽しめるガストロ酒場だそうです。

ワインに合う食べごたえのある小皿料理や見た目に豪快な盛り付け料理など、ガッツリと食べられるそうです。

店からのおすすめメニューは、前菜が8種類のった盛り合わせの「ゼンモリ」、鮮魚のカルパッチョ、淡路島玉ねぎのロースト、コールドローストビーフなどです。

シャレカツ 星と月 (創作串揚げ)
公式サイトはありますが、メニューが羅列されているだけでほとんど何の情報もないサイトです。

ホームページの制作委託会社に多額のお金を支払って作ったと思いますが、全く役に立たないサイトの見本です。

と、言うことで運営している会社の情報など全く分かりません。

どうやら北新地の有名串揚げ屋さんのプロデュースらしいのですが、そのへんの情報も全くなしです。

シャレカツというくらいですから、女性には人気のようです。

店内は、モノトーンを基調としたスタイリッシュなカフェのようです。

新世界のジャンジャン横丁の串カツ屋などとは異なるようです。

お昼には、野菜のランチ、魚のランチ、肉のランチなどがあります。

1500円のランチコースもあります。

スペイン料理店、エル・ブジが開発した料理法のエスプーマを使ったり、イタリアンのカダイフなど女性受けの料理法を使ったりしているようです。

オシャレなグルメのエキマルシェですからこのような業態の店もありなのでしょう。

牛たん炭焼 利久 (牛たん専門店)
創業が昭和63年の宮城県岩沼市に本社がある株式会社利久の牛たん専門店です。

駅ビルやショッピングセンターなどのレストラン街にはよくありますので、牛たんの専門店では一番知られていると思います。

先代の泉本店から出発して、現在でも月に1店舗の快調なベースで全国に出店しています。

一刻家というブランドも展開しています。

大阪駅のグルメの拠点となるエキマルシェの店舗でも、丹念に準備をした牛たんを炭火で一気に焼き上げています。

また、牛たん料理以外にも、季節の創作料理島を取り揃えています。

代表的なメニューは、仙台名物の「牛たん定食」です。麦ごはんとテールスープも付いています。

牛たん【極】定食は、普通の牛たんよりも厚切りになっています。

まる得利久セットは、牛たんのハーフ焼きにカレーorシチューorキーマカリーが選べて、麦ごはんとテールスープそしてミニサラダも付いてきます。

牛たんヘルシー定食は、ちょっと少なめの牛たんにテールスープ、サラダ、さらにトロロが付いています。

牛たん炭焼 利久の牛たん

博多もつ鍋 やまや (もつ鍋)

2003年に設立の福岡市東区松島にある株式会社やまや食工房のモツ鍋屋さんです。

辛子明太子の「やまや」が手がけています。

かなりの店舗を展開していて、関東に7店舗、名古屋に1店舗、関西に4店舗、福岡に1店舗、韓国に3店舗、台北に1店舗、カリフォルニア1店舗、合計18店舗あります。

もつ鍋には、あごだし醤油、こく味噌、かぼすポン酢の3種類あります。

本来の博多のもつ鍋は、醤油ダシです。

もつ鍋のシメには、ちゃんぽん麺と雑炊がありますが、これも博多では、普通ちゃんぽん麺です。

その他、酢もつ、白菜のこくうまキムチ、やまやの辛子高菜、竹よせ ごどうふ、浅漬の盛り合わせなどがあります。

サラダには、パリパリキャベツのうまだれがけ、特製ドレッシング冷やしトマト、山芋と揚げじゃこの明太サラダなどを取り揃えています。

また、博多ひとくち餃子、鶏の唐揚げ明太風味、博多がめ煮、明太子屋さんの明太おにぎり3種、うまだし明太茶漬けなどの博多のグルメをお楽しみください。

やまや 博多名物もつなべ「昔ながらのしょうゆ味」

回転寿司がんこ (回転寿司)
創業が昭和38年、1963年の大阪市淀川区新北野にあるがんこフードサービス株式会社の回転寿司店です。

創業者が、十三で4坪半の寿司店を開業したのがスタートです。しかし、2年後には早くも106席の大型寿司店をオープンしました。

昭和46年には、梅田炉端焼き店を開店しました。

その後寿司だけにとどまらず、和食、とんかつ、回転寿司、がんこ豆腐、うどんちりのにし家、そばしゃぶの浪花そば、高瀬川二条苑をはじめとするお屋敷などのブランドを展開しています。

回転寿司も、エキマルシェ大阪だけではなく、近鉄あべのハルカス店、心斎橋店などがあります。

エキマルシェ大阪店のメニューは、マグロでは、炙りとろなどがありますが、おすすめは中とろ、びんとろ、とろの「とろ三昧」です。

サーモンも炙りタルタル、ガーリックチーズなどを取り揃えています。

その他のメニューには、あじ、以下などの100円、マグロ、ビントロなどの140円、海老、サーモンなどの180円、宇和島産がんこ鯛、かつおなどの220円、うなぎ、がんこ鯛ポン酢などの280円、こぼれいくら、あかがいなどの350円、ずわいがに、穴子一匹にぎり(一貫)の400円、うに、天然車海老、北海三昧の500円など豊富です。

汁物には、きつねうどん、釜玉うどん、あさり赤だしなどがあります。

上海バール (中華バール)

設立が1990年の本店が東京都目黒区にある際コーポレーション株式会社の中華バールです。

大変大きな会社で、直営飲食店281店舗、直営物販店19店舗、フランチャイズ店23店舗、関係会社店25店舗、総合計348店舗もあります。

1991年に「韮菜万頭」の出店がスタートです。

1996年に「紅虎餃子房」を出店したのがブレークのきっかけです。

現在では「韮菜万頭」「万豚記」「紅虎餃子房」「上海バール」など多くのブランドがあります。

これだけ多くの店舗がありますので、上海バールの情報は公式サイトにもほとんどありません。

とにかくひたすら店舗拡大を目指している会社のようです。

エキマルシェ大阪の公式サイトでも、「にぎやかでエネルギッシュな上海をイメージしたバール。ひとつひとつ時間をかけて考案した、こだわりのメニューが並びます。」とこれだけ。

やる気のないように思えますが、食べログの評価も低く、学食か?のコメントも。

人気店「紅虎餃子」のボリューム満点餃子とチャーシューセット

こなな (カフェ&パスタ)
結構立派な店の公式サイトがあるのに、運営会社等の情報が全くありませんが、わずかに極小の文字でPotomakとあります。

そうです、運営会社は、設立が平成3年の本社が兵庫県神戸市中央区波止場町にある株式会社ポトマックです。

TOOTHTOOTHから事業を始め、現在では、関西、関東を中心に多くのブランドを展開しており、「こなな」、姉妹店「ココノハ」などがあります。

「こなな」のコンセプトは、和の風味を加えただけの「和風」パスタではなく日本の四季から生まれる素材を丁寧にしっかり楽しむそれがこななの「和ぱすた」だそうです。

日本の味である「おだし」をベースにした味付けをしており、おだしをそのまま生かした「だし風味」香ばしい「醤油風味」、深いコクの「味噌風味」の三種類があります。

つまり、言いたいのは、そこら辺の和パスタとは違うのだのようです。

おだしには、静岡県焼津産のカツオ節で風味、長崎県小値賀の煮干しで旨味。そしてサバ節でコク、昆布でまろやかさをつけているそうです。

醤油は紀州湯浅の醤油で、丹波篠山産の黒豆、小麦を使い、古式製法で仕込み、天然醸造で約二年長期熟成させたものです。

味噌は、おだしや醤油では、ドコドコ産と誇らしげに書いていますが、具体的な産地等の記載がありません。

豆乳もパスタも抽象的な記載でどこの小麦を使用している具体的な記載はなく、オリジナルだそうですが、あまり誇らしい食材ではないようです。

メニューは、おだしベースのパスタとして、「大和芋とろろと温泉卵柚子胡椒風味」、「おくら,なめ茸,大和芋とろろのねばとろ」などがあります。

しょうゆベースには、「山菜,なめ茸,大根おろしの醤油風味」、「グリーンアスパラと温泉卵の醤油風味」など。

みそベースには、「ひじきとえびす南瓜のあっさりクリーム」、「蒸し鶏と枝豆の
白味噌クリーム」など。

豆乳ベースには、「きのこと厚切りベーコンの温泉卵添え」、「きんぴらと水菜の
おばんざい風」など、

ナポリタンやカルボナーラを食べたいと思ってもないようです。